• ホーム
  • トリキュラーで太る?その原因とは

トリキュラーで太る?その原因とは

トリキュラーは低用量ピルで、避妊効果も高い薬です。
作用としては卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンの分泌を抑えることで排卵を抑制します。

トリキュラーを飲むことで太る原因がいくつかあります。
トリキュラーに含まれるエストロゲンが体内の塩分の排出を抑えてしまうため、体内に残った塩分のせいで体がむくんでしまうのです。
飲み始めると体重が増えるという人もいますが、これは体内に留まっている水分のせいとも考えられます。

トリキュラーが原因で増えてしまった体重は、休薬期間にある程度は減少します。
飲んでいる期間は塩分の取りすぎに気をつけることで、むくみを改善することもできますので外食や味の濃い料理が好きな人ほど意識して食べなくてはいけません。
むくみは代謝されていけば良いですが、ほっておくと老廃物は溜まったまま代謝されなくなってしまいます。

またトリキュラーが原因で体に余分な脂肪がつくことがあります。
トリキュラーに含まれるエストロゲンには、女性の体を女性らしくする働きがあります。
バストなどだけではなく、腰周りや下半身など場所を問わずに脂肪が増えてしまう状態です。
女性らしいスタイルを作れる可能性もありますが、トリキュラーを飲んでいる間は太りがちですので、気をつけないとウエストや足などに余計な脂肪がついてしまう可能性もあります。

脂肪がつく状態の上に、トリキュラーの影響で食欲増進することがあります。
あまり意識せずに食欲に任せて食べ過ぎてしまうと、トリキュラーの影響で体は溜め込みがちな状態になっているため太りやすいのです。
飲み始めてから3ヶ月くらいのうちは、副作用で太ってしまうことが多い期間です。

この時期を過ぎると少しずつ体がトリキュラーを飲んでいる状態に慣れてきますので、症状も落ち着いてきます。
ですが皮下脂肪は一度ついてしまうと、運動や食事制限でも落とすのが大変です。
むくみや脂肪がつきやすいということを忘れずに、しっかりカロリーコントロールしておけば安心です。

太るかは個人差もある

トリキュラーを服用すると、太ったりむくむといわれています。
この原因としてはトリキュラーに含まれる女性ホルモンの作用で水分を体内にため込みやすくなっているのが理由として考えられます。

水分が体内にたまるとむくみやすくなりますし、体重が増加しますので脂肪がついたわけでなくても太ったと感じてしまうことも少なくありません。
又、ホルモンバランスが変化しますので食欲が増すこともあります。
低用量ピルは服用していると妊娠中のようなホルモンバランスに変化します。
服用前に比べてむくみやすくなる上に太るといわれているのは食欲が旺盛になるケースがあるためです。
しかし、むくみや食欲などについては個人差によるところが非常に大きいですし、逆に食欲がなくなる人もいますので服用している人のすべてが太りやすくなるわけではありません。

低用量ピルは一般的に太るというイメージがあると思います。
カロリーコントロールや適度な運動をしていればそうした症状が出ることはありませんし、むくみも水分の摂りすぎに気を付ければ避けることが出来ます。
トリキュラーを服用すると直ちに太るわけではありません。太った人もいれば太らない人もいるというのが現状です。
もともと太りやすい人はトリキュラーを服用することで太ったように感じるケースもありますし、むくみやすい人にも同様の事が言えます。

トリキュラーを服用すると女性らしい体型になるといわれていますが、これは女性ホルモンの作用です。
そのため、太ったように感じたり実際に丸みを帯びたスタイルになることがありますがこれはホルモンの作用ですので実際には体重が増えていないという事もあります。
こうした現象にも個人差が大きいといえるでしょう。