• ホーム
  • 副作用が少ない超低用量ピル「ヤーズ」

副作用が少ない超低用量ピル「ヤーズ」

ヤーズは超低用量ピルで、避妊効果もありますが日本では月経困難症の改善のために処方されます。
月経困難症は生理の直前や生理が始まった頃からイライラ感や憂鬱感といった精神的症状や、下腹痛や腰痛などの身体的症状に悩まされるのが特徴です。
婦人科で月経困難症だと診断されればヤーズを保険適用で購入できるので受診してみると良いでしょう。

月経困難症の人は1カ月に1度必ずといっていいほど精神的症状や身体的症状に苦しむことになり、日常生活に支障をきたすことがあるため治療を必要とします。
その時にヤーズを服用するのがおすすめの理由は、このピルが超低用量ピルであることにより、吐き気などの副作用が出にくいことが挙げられます。
月経困難症の症状を改善するために薬を飲むことで副作用に苦しめられるのでは困るので、副作用が少ないという特徴を持つヤーズは便利です。

月経困難症の症状がヤーズの服用によって改善する仕組みは、この薬を飲めば排卵が起こらなくなり毎月の女性ホルモンの変動が穏やかになるなす。
これにより女性ホルモンの分泌量の変化にともなって起こっていた精神的な不調が抑えられるからです。

また、ピルを飲まない場合は生理前になると黄体ホルモンが子宮内膜にプロスタグランジンという子宮を収縮させるための物質を増やすので、生理になった後に強く子宮が収縮し腹痛の原因になります。
しかし、ヤーズを飲んでいればプロスタグランジンがあまり増えないため、生理前や始まった後の痛みが軽減される効果が期待できます。

ヤーズには有効成分として卵胞ホルモン薬のエチニルエストラジオールと黄体ホルモン薬のドロスピレノンが配合されています。
エチニルエストラジオールの量は他の低用量ピルよりも更に少ない量が配合されているのが特徴です。
そして、ドロスピレノンは合成ホルモンですが、体内に含まれている黄体ホルモンの働きに近いという性質を持つことによりむくみの副作用が出にくくなっています。
月経困難症に悩んでいる人はこの薬を利用してみてはどうでしょうか。

喫煙者とピルの相性はよくない

避妊や月経困難症、子宮内膜症など生理前や生理中につらい症状がある人や避妊をしたい人に大変人気があるヤーズ。
副作用が少ない超低用量ピルとして最近大変注目されており、病院でも腹痛の緩和や生理前のいらいらの緩和などによく用いられている薬です。
ヤーズを飲むことで子宮を収縮させて腹痛の原因になるプロスタグランジンの分泌を減少させる効果があるので、腹痛を緩和する効果が期待できます。

ヤーズは毎日決まった時刻に服用する飲み方で、一日一度だけの服用なので簡単に継続することができる薬です。
副作用が少なく、女性ホルモンの分泌量の変化による体調や精神状態の変化が大きくなりにくいため多くの女性が服用しています。
飲み忘れに注意をすることが必要ですが、習慣化することで飲み忘れのリスクを減らすことができます。

ヤーズを服用するときに気を付けることは、喫煙者とピルの相性が良くないということです。
喫煙を止めることが必要になってきます。
喫煙すると血管が収縮することが知られていますが、ピルを飲んでいると血栓症のリスクが高まります。
血管に血栓という血液の塊が詰まって脳や心臓に血液が行き届かなくなってしまったり、足などの血管に血液が詰まって血液が通らなくなってしまったりすることがあるため、喫煙者はピルを服用することができません。

ピルを使って女性特有の症状の緩和や避妊を考えている場合には禁煙をする必要があります。
喫煙は血管を収縮させて血液のめぐりが悪くなるため痛みや代謝の低下、肌荒れなどの原因にもなります。
禁煙をしてヤーズを飲むことで女性ホルモンの分泌がコントロールされるので、痛みの軽減や肌がきれいになる効果なども期待できます。

人気記事一覧