• ホーム
  • 生理痛を我慢しないで!生理痛を緩和する食生活

生理痛を我慢しないで!生理痛を緩和する食生活

女性の中には生理痛が重くて悩んでいる人も多いでしょう。
痛みは個人差がありますが、冷えを改善することで緩和することができます。

女性は、環境の変化やストレス、無理なダイエットなどでホルモンバランスの乱れやすく、それが原因で生理痛が重くなる人が多いです。
特に若い女性は体形を気にしたり服装でオシャレを楽しみたいということから薄着の人もいるでしょう。
冬は特にお腹を冷やすことで生理痛がひどくなることもあります。締め付けすぎる下着も血行が悪くなるので控えることが大切です。

生理は毎月1回くるものなので無理をしないことが大切です。
ストレッチを行ったりホルモンバランスを整えるツボを刺激することで生理痛を緩和することもできます。

手軽に生理痛を緩和できる方法としては食生活の改善がおすすめです。
生理の時は甘いものや炭水化物をとりたくなる人もいますが、身体のためにはかぼちゃや大豆製品を多く取ることが大切です。
かぼちゃは多くのビタミンやβカロテンを含んでいて身体を温める働きがあります。

かぼちゃは栄養も豊富に含まれているので、温かいスープにしたり煮物にしてとるのも良いです。
お腹も満たされて炭水化物も含んでいるので食欲が出て甘いものを食べたい時にもおすすめです。
リラックス効果があるのでかぼちゃやさつまいもをとるとイライラにも効果が期待できます。

生理痛の時は小松菜や乳製品など、栄養価が高い身体に優しいものをとるようにしましょう。
小松菜はたくさんのビタミンを含んでいるのでバランスも優れています。
ホットミルクなどの乳製品をとることで、心が落ち着いてリラックスすることができます。

大豆は女性ホルモンを整える働きがあり、イソフラボンを多く含んでいるので毎日豆乳や豆腐、納豆を積極的にとるようにすることが大切です。
特に更年期を迎える頃からホルモンバランスの乱れにより、生理痛がつらくなる人もいるので、毎日の食生活に気をつけて女性ホルモンに優しいものをとるように心がけることが大切です。

ストレッチで血行をよくすることも効果的

生理痛の緩和には食生活に気をつけることや、ストレスを軽減させることの他にもストレッチをして血行を良くすることで身体を温める効果が期待できます。

女性は冷え性の人も多く血行が悪くなることで、自律神経の働きも悪くなります。
自律神経の乱れは呼吸を整えたり、血行を良くすることで整えることもできます。
日ごろから生理痛が重い人は、身体の冷えが原因のことが多いので、毎日ストレッチを習慣にして冷え性の改善を心がけましょう。

冷えは肩こりや、腰痛頭痛の原因になります。
特に冬場は身体が冷えるとさまざまな体調不良につながります。
食べ物では身体を冷やす冷たいものは避けて、夏場でも温かい飲み物を飲むことが大切です。

生理通を緩和させる働きがあるツボもあります。
ツボを刺激することで痛みを和らげることができたり、自律神経の働きを整えます。
膝の裏には女性ホルモンに関係しているツボや、冷えやむくみを改善するツボが多くあります。

膝の裏の真ん中を押しながらゆっくり呼吸を繰り返し刺激をしてみると良いでしょう。
痛みがひどい人はストレッチやツボ押しが効果的なので毎日寝る前に習慣にすることが大切です。

食べ物では大豆やかぼちゃは女性ホルモンにも良い働きがあります。大豆はイソフラボンが豊富なので毎日豆乳を飲むのも良いです。
小松菜やかぼちゃにはビタミンも豊富に含まれているので栄養もバランスよくとることができます。

乳製品はリラックス効果があるので、生理前のイライラにも効果的です。
生理前は甘いものや脂っぽいものがとりたくなりますが、刺激の強いものや甘いものを控えることで身体の冷えも予防できます。

ストレッチは身体を柔らかくして血行を良くする働きがあるのでリラックス効果もあり、生理痛の緩和にも効果的です。